MENU

マカの服用を避けた方が良い人

 

マカは、南米ペルーに植生するアブラナ科の植物で、根は薬用ハーブとなります。その成分には、血管を若返らせ血流を良くするアルギニンなどのアミノ酸が豊富に含まれており、男性の精力増強や女性の不妊治療をはじめ多くの効能が期待され人気商品となっています。
ただし、マカ自体には副作用はないのですが、アブラナ科の植物にアレルギーがある方は、マカの服用には注意が必要です。アブラナ科の植物とは、大根、カブ、キャベツ、小松菜、ブロッコリーなどいわゆる葉物のことです。葉物には、多くの栄養素を含むものが多く最近の健康ブームでは、生活習慣病の予防などに役立つと言われていますが、稀にアレルギーを持つ方がいます。
症状としては、お腹を下す、便が緩くなる、あるいは、口内に痒みが出る、嘔吐する、などです。サプリの場合でも、このような症状が出れば服用を中止したほうがよいです。どんなに健康に良い植物でも、万能というわけではないでしょう。
そういえば、モンシロチョウの幼虫は、キャベツなどのアブラナ科の植物の害虫として知られていますが、アブラナ科の植物を食べることで鳥から捕食されることを防いでいるそうです。非常に多い成分の中には、人間に合わない成分も含まれているのかもしれません。

 

 

レスベラトロールの魅力に迫る

 

今、美容で話題のレスベラトロールは若さと健康を維持する注目の成分です。レスベラトロールはぶどうや赤ワインなどに含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールが美肌作りに有効というのは有名ですが、そのなかでもレスベラトロールは若さと健康を維持する成分として注目されています。その具体的な理由は下記の通りです。
コラーゲンの生成を促進するためお肌にハリや弾力を与えてくれます。加齢によりお肌のハリや弾力が低下するのみならず水分も失われていきます。人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織で構成されていますが、常にみずみずしいお肌を保ためにはお肌の新陳代謝が必要です。加齢により新陳代謝がスムーズに行われなくなることを防いでくれます。また美肌作りの邪魔をする酵素をセーブしてくれるため、抗老化(アンチエイジング)や抗炎症効果、抗活性酸素効果、免疫力の向上を助けるなど、数多くの美肌作りをサポートします。美しいお肌作りに欠かせない抗酸化の力は強力なもので、細胞の酸化を防いでくれると共に老化の要因を抑制し若々しさを保つ効果が期待されております。レスベラトロールが含まれているのは化粧品、サプリメントなどがありますが、身近なところで食物から摂取も可能です。例えば赤ワイン(赤ぶどうの皮)、レーズン、ピーナッツ(ピーナッツの皮)、アーモンドの皮などがります。普段のお食事に添えながら美しいお肌作りをしてみましょう。